信州・奥蓼科温泉郷から入る横谷峡遊歩道でマイナスイオンを数える「乙女滝」「霧降滝」

奥蓼科温泉郷の入口にある横谷峡では、北八ヶ岳を源流とした渋川に沿うように「横谷峡遊歩道」が整備されていて、ゆっくり歩くと2時間ほどのコースである。滝マニアとしてはやはり歩かねばならないのである。

蓼科中央高原観光協会のある横谷峡入口からスタートすることにした。以前もうひとつのスタート地点である横谷観音入口バス停から王滝を目指したことがあったが途中で道がわからなくなってしまった経験があり「乙女滝」と「霧降滝」をみるだけにしたのである。横谷峡にはいくつもの滝があり、それぞれの滝の手前にはマイナスイオンの「個数」を示す看板が立っていていたるところで清涼な空気に包まれている心地よさを実感できるのである。

まずは横谷峡温泉の駐車場に車を止めて徒歩5分の乙女滝へ。ここのマイナスイオンは20000個の表示があった。乙女の伝説があるらしいこの滝は清冽で豊かな流れをたたえ、ま近でみることができるので水しぶきが飛んできていっそうの清涼感を与えてくれる。

ここからさらに5分程度歩いたところに霧降滝がありマイナスイオンは同じく20000個である。滝壺がいくつもあり、音の変化が楽しめる。

白山ホワイトロード沿いにある滝の群れ!温泉に入りながら見れる岐阜白山「姥ヶ滝」

国見谷の断崖より落差86mの豪荘な沿道随一の大滝が「ふくべの大滝」。水は断崖うぃ地響きと喚声を上げて落下、むき出しの岩に衝突、舞い上がる水煙は雄大にして豪荘、時には水しぶきが道路をおおうこともあります。周辺の岸壁を蛇谷金襴銀欄壁と言った人もおりまさに大自然のパノラマを満喫できます。

その先、蛇谷園地駐車場に車を停めて遊歩道を歩くこと20分、日本の滝100選に選ばれた「姥ヶ滝」があります。昔ここで老仙女が白髪をといていたという伝説があり、滝の途中から岩肌にそって落ちる数万条の流れをつくり、あたかも老婆が白髪をふり乱しているように見えるところが名前の由来の由来です。また滝の爆音と清流を正面に眺めながら入浴ができる露天風呂と足湯も備える「親谷の湯」があり湯に浸かりながら自然を満喫できるのです。

中宮料金所までの間には「かもしかの滝」「岩底の滝」「赤石の滝」「しりたか滝」が連続して現れます。

 

のどかな山村に息づく美しき水の流れ、南相木川流域の滝めぐり。信州南相木「お三甕の滝」「立岩滝」「犬ころの滝」

群馬県と境を接する南相木村は東西に長く、県境付近を源に豊かな原生林をくぐり抜けてきた三川と栗生川が東から西に流れています。二つの川は役場付近で南相木川となり、千曲川に注ぎます。流れはどこも急で、見ごたえのある滝が点在しています。

南相木川の下流から順にまずは「お三甕の滝」です。諏訪神社脇の急な遊歩道を下ること5分で見えてきます。上ん淵、中ん淵、下ん淵の3段からなり、中ん淵が高さ16mで最大で甕の形を深い滝壷に向かって落下する水の帯を、岩壁にくりぬいた遊歩道のトンネルから眺めるという粋な趣向です。20mほどのトンネルは、中ほど左にぽっかり穴があいていてそこから正面に見えます。ほの暗い中から眺める色鮮やかな木々の緑と滝とのコントラストがことのほか美しく、映画のワンシーンのように幻想的な存在に映っています。

絵のような風景とは裏腹に、この滝には、その昔「おみか」という美しい嫁が姑にうとまれ、ここで突き落とされ滝つぼ深く沈んだという悲しい伝説が残っています。

南相木川上流の三川には村のシンボルともいえる直立した立岩があります。頂上に祠を持つ高さ60mの巨大な大岩で、「立岩滝」はその直下にあり、両側に樹々が迫るV字に切り立った谷底は真夏でもひんやりしています。高さ5mほどでさほど大きくはないが、渓谷らしさが感じられ、谷底地形がよくわかります。

さらに三川上流には、日帰り入浴施設「南相木温泉 滝見の湯」の脇に「犬ころの滝」別名「ワンちゃんの滝」があります。このユニークな名前は、その昔、悪さをする山犬に困り果てた村人がここに犬を追い落としたことから付けられたといいます。道路脇に階段があり、下りて間近に見ることができます。ゴツゴツとした真っ黒な岩肌をなめるように水流がほとばしっています。

二十三夜に月を待つ!伝説の残る幻想的な裏見の滝。茨城・奥久慈「月待ちの滝」

古くから二十三夜講(安産を祈願して二十三夜の月の出を待って婦女子が集う)の場所であったことから月待の滝と呼ばれます。

久慈川の支流大生瀬川が作り出す落差17m、幅12mの三筋に流れ落ちる滝で、普段は二筋に夫婦滝、水が増すと中断の受け皿から子滝が現れ親子滝になります。ただ見つめているだけで全身がリフレッシュできそうな雰囲気が充満し、滝の音を聞きながらリラックスしているだけで浄化が進むような気がします。

この滝は別名「裏見の滝」「くぐり滝」とも言われ、全国的にも珍しく水にぬれることなく滝裏に入れます。この滝のマイナスイオン量は袋田の滝の1.5倍あり、清らかな水のオーラが満ちています。実際もみじ苑から石段を7段降りれば滝の裏に濡れずに入れますし、水しぶきも感じれます。

四段に流れ落ちる日本三名瀑のひとつ。茨城・奥久慈「袋田の滝」

奥久慈県立自然公園に指定されている名勝、久慈川の支流・滝川の上流にある落差120m、幅73mの「袋田の滝」は、日光の華厳の滝、南紀の那智の滝と並ぶ日本三名瀑のひとつです。四段に流れ落ちる様や西行法師がこの地を訪れた際「四季折々に訪れないと本当のよさがわからない」絶賛したことから「四度の滝」とも呼ばれています。

第一観瀑台へは昭和54年12月に完成した長さ276m幅員4m高さ3mのトンネルを歩いて抜けていきます。途中大子町の鳥でもあるオシドリをモチーフにした「恋人の聖地」モニュメントが設置されています。

近づくにつれて滝の轟音が響きやがて岩壁に幾条もの白い筋を描いて流れ落ちる壮大な景観が目の前に広がります。滝坪の真正面にあたり、流れをもっとも近くで見られるヒーリングスポットです。

さらにエレベーターに乗ると第2観瀑台。第2.第3デッキからは上から見下ろすようにして全体像がたのしめます。水量の変化によりさまざまなハートが表れます。

帰りはトンネルの200m地点から外に出る吊り橋の上から少し離れてみる袋田の滝もまた絶景です。そのまま対岸に渡り駐車場に戻りました。

黄金姫伝説ゆかりの横谷峡「鶏鳴滝(四つの滝)」

国道41号から国道256号沿い「道の温泉駅 かれん」をさらに馬瀬川沿いにすすむと白山神社があります。ここから郡上街道沿いに約1KMほど続く横谷峡は特別天然記念物の「オオサンショウウオ」が生育する荒々しくも美しい幽谷であり、マイナスイオンをたっぷり浴びながらの散策を楽しめます。

渓谷沿いには「白滝」「二見滝」「紅葉滝」「鶏鳴滝」という四つの滝があります。

2012_1223_112402-P1020851

2012_1223_113001-P1020853

中でも紅葉滝は、荒々しい岩と四季折々の表情を表す木々、勇ましい滝の織り成すコントラストが美しい。

2012_1223_113540-P1020854

この道は秘宝の黄金鶏の行方を探し、鶏鳴滝へ辿りついた「黄金姫伝説」を偲ぶ黄金姫街道(約6KM)でもある。

2012_1223_114234-P1020858

堀川天皇の頃(1093年)、安置されていた秘宝の鶏が都の戦を嫌い飛び立ってしまい、この鶏を見守っていた黄金姫は比叡山で観音様のお告げを受け、鶏を探しに東山道から飛騨路へ向かい、横谷峡、四つの滝の鶏鳴滝へたどり着いたのである。しかしその鶏は清流権現となり姿を変えていたことを見とどけ、黄金姫は都へ帰る途中疲れは果て亡くなったと伝えられているのである。この付近の坂梨川流域にある子守金神では、特に咳に患う子供の病気の回復を祈願し、平癒すれば「鶏」を奉納するという風習が残っているとのこと。またこの頃からこの滝では元旦の明け方になると鶏の鳴き声がかすかに聞こえるようになったことから「鶏鳴滝」と呼ばれています。

2012_1223_114122-P1020857

バストアップとPMSの緩和
女性のカラダのリズムに合わせたバストアップサプリ
ルーナサプリの効果・口コミは本当なの?

中央構造帯の谷間に沿ってに流れ落ちる最強のパワースポット!愛知新城「百閒滝」

百間滝は日本最長の断層帯、中央構造線の深い谷に沿って流れる夏明川(下流は大島川)上流に位置する落差120mの県内最大級のみごとな滝です。中央構造線は関東から九州まで延びる断層で新城市の南東部を横断しています。その周辺にある百間滝、鳳来寺山は、聖地・霊場として信仰の対象とされ古くから台地のパワーが宿る場所として知られています。

道路から谷に向かってかなり下っていきます。まずは滝の最上部、滝頭に出ます。ここが中央構造線の上に位置することから一番のパワースポットで、滝頭にはポットホールもあります。

さらに下る途中には2カ所の展望所があります。上の展望所では、滝の上部が見れる場所で岩の上を白糸のように流れ落ちる様子はその壮観無比の迫力ある大きさに驚きます。この滝は木々に囲われ、また途中で曲がっているために全貌が一目で見ることができず、曲がっているところから滝壺までの落差は43mです。

下の展望所では滝壺に近く、黒い岩の上をい滝壺に向かって勢いよく流れ落ちていきます。

 

奥飛騨温泉郷にある飛騨三大名瀑の一つ白猿伝説の「平湯大滝」

三千㍍級の秀峰が影絵のように重なり合う北アルプスの麓。山麓の猫の額ほどの土地にいくつもの渓流が流れる。穂高連峰を源とする蒲田川沿いの新穂高、栃尾、乗鞍岳を源とする平湯川沿いの平湯、福地、新平湯・・・岐阜県高山市にあるこれらの温泉は総称して奥飛騨温泉郷とも呼ばれている。

まずは平湯温泉のルーツとなった場所・平湯大滝のある公園を目指す。約450年前、武田信玄の家臣山県昌景が飛騨に攻め行った際、軍勢を引き連れて峠越えをしたが皆疲れきり、その上硫黄岳の毒霧が出て倒れるものが続出し、やっとのことで平湯大滝のあたりに辿り着いた時、老いた白猿が皆の前を歩いて道端の湯に導いてくれたのである。猿が教えてくれた湯に入り元気を取り戻したという「白猿伝説」である。そんな伝説が残る平湯大滝のふもとに広がる公園。園内には足湯やレストラン、土産物屋といった多彩な施設が揃う。平湯大滝に行くなら公園入口から出るシャトルバス(1回100円)の利用が便利である。

111104_111428

公園の駐車場から歩くこと10分、平湯大滝は四季折々の表情を見せる幅6M、落差64Mの豪快な滝で日本の滝百選に名を連ね飛騨三大名瀑(乗政大滝・胡桃大滝)の一つでもある。日本アルプスを世界に紹介したウェストンも訪れてこの滝を絶賛したことが伝わっています。

森を抜けた先に流れる七段の曲線を描く安倍清明修行の滝。愛知県新城市「阿寺の七滝」

日本の歴史にその名を残す霊峰・鳳来寺山の不思議な伝説と大自然のパワーが息づく崇高なる場所をあとにしてもう一つのパワースポト「阿寺の七滝」に向かう。

阿寺の七滝」は「日本の滝百選」にも選ばれている名滝で巣山高原から流れる清流が下吉田阿寺地区内で阿寺川となり礫岩の断層崖を落下する全長64Mに渡る荘大な大滝である。その特徴はなんといっても7段の階段状になった崖を水流が美しいを曲線を描きながら深い滝壷に落ちていく様がなんとも幽玄かつ爽快感に満ちているのである。滝の脇には上段まで続く遊歩道が設けられていて、上から見下ろす視点で見る滝も趣深い。

また礫岩を子抱石ともいい、これを祀ると子供が 授かるという伝説もあるらしい。もちろん石の持ち帰りは厳禁であるが。写真を撮ると不思議なことに白いぼんやりとした球体が写っていてやはり不思議なパワーを感じてしまうのである。

“ú–{‚Ì‘ê•S‘Iˆ¢Ž›Žµ‘ê

陰陽師の安倍清明が若き日に修行したという伝説が残る地でもありマイナスイオンたっぷりの滝しぶきと、近くを中央構造線が走っていることからパワースポットとして人気があります。駐車場からは約1KM離れた場所にあるので、そこにたどり着くまでゆっくり歩きながら森林浴も楽しめるというものです。

大地の裂け目に水が落ちていく東洋のナイアガラ!群馬沼田「吹割の滝」

国道120号(日本ロマンチック街道)で尾瀬方面をめざして走るとあらわれるのが、 浸食されたV字形の岩盤を三方から水が河川の両側に落ちている珍しい滝、日本の滝百選のひとつ「吹割の滝」です。高さ7m、幅30mにもおよび、ごうごうと落下、飛散する瀑布は東洋のナイアガラと称されています。2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニングにも登場していました。

2016_1029_071441-IMG_0903

吹割渓谷には一周1時間程度の遊歩道と観瀑台があります。 遊歩道を進み、まず現れるのが吹割渓谷の下流部にある「鱒飛の滝」。その昔利根川の支流である片品川にも鱒が遡上してきましたが、この滝までくると段差があり、どうしても上流に上れず鱒が懸命に越えようと飛び跳ねていたことから名付けられました。

2016_1029_070144-IMG_0892

遊歩道を進んで次に現れたのが「般若岩」。そそり立つ岸壁が般若に似ているから呼ばれているようです。般若岩周辺は数十メートルの奇岩が連なる「岸壁群」が目前に迫ります。

2016_1029_070837-IMG_0898

吹割の滝」に到着。滝つぼは昔から竜宮へ通じているとの伝説もあります。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上がるようすからこの名が付けられました。

2016_1029_070959-IMG_0899