大地の裂け目に水が落ちていく東洋のナイアガラ!群馬沼田「吹割の滝」

国道120号(日本ロマンチック街道)で尾瀬方面をめざして走るとあらわれるのが、 浸食されたV字形の岩盤を三方から水が河川の両側に落ちている珍しい滝、日本の滝百選のひとつ「吹割の滝」です。高さ7m、幅30mにもおよび、ごうごうと落下、飛散する瀑布は東洋のナイアガラと称されています。2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニングにも登場していました。

2016_1029_071441-IMG_0903

吹割渓谷には一周1時間程度の遊歩道と観瀑台があります。 遊歩道を進み、まず現れるのが吹割渓谷の下流部にある「鱒飛の滝」。その昔利根川の支流である片品川にも鱒が遡上してきましたが、この滝までくると段差があり、どうしても上流に上れず鱒が懸命に越えようと飛び跳ねていたことから名付けられました。

2016_1029_070144-IMG_0892

遊歩道を進んで次に現れたのが「般若岩」。そそり立つ岸壁が般若に似ているから呼ばれているようです。般若岩周辺は数十メートルの奇岩が連なる「岸壁群」が目前に迫ります。

2016_1029_070837-IMG_0898

吹割の滝」に到着。滝つぼは昔から竜宮へ通じているとの伝説もあります。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上がるようすからこの名が付けられました。

2016_1029_070959-IMG_0899

大雪山国立公園「層雲峡」の柱状節理を流れる男女滝「流星の滝・銀河の滝」

層雲峡は広大な大雪山国立公園の中にあり、大雪山の噴火によって噴出した火山灰などが堆積して固まった「溶結凝灰岩」といわれる岩が石狩川によって浸食されてできた峡谷。縦に割れ目が入って岩壁が柱状になった「柱状節理」と呼ばれる高さ150mの岩壁の険しい峡谷が、全長24Kmにわたり続く雄大な自然の絶景が楽しめます。アイヌ語で「ソウウンベツ(滝の多い川)」と呼ばれていたことから詩人の大町桂月が1921年にこの名をつけました。

2014_0101_075226-IMG_0365

層雲峡を代表する絶景スポットが日本の滝100選に選ばれている「流星の滝・銀河の滝」です。売店の滝ミンタラがある駐車場から眺めるのが定番で、石狩川を挟んで間近から観賞できます。 印象の異なる2本の滝が、山水画のような柱状節理の岩肌に水が美しく流れ落ちています。「流星の滝」は約90mの断崖から一気にとどろき落ちる豪快な滝。銀河の滝」は約120mの断崖から、キラキラと銀の糸を引いて流れる優雅な滝で、その対象的な姿から「男滝・女滝」とも呼ばれます。二つの滝に挟まれた岩は不動岩と呼ばれます。

2014_0101_075600-IMG_0366

滝ミンタラの真ん中から山道の遊歩道を約20分上がった高台なる双瀑台と呼ばれる展望台からは2本の滝を同時に見ることができます。

2014_0101_080441-IMG_0370

御嶽昇仙峡のシンボル覚円峰の麓にある月の滝「仙娥滝」

渓谷美を讃えられ日本の名勝として名高い「御岳昇仙峡」は、長トロ橋に架かる天神森から仙娥滝までの4キロ。渓谷探勝には、名物の「トテ馬車」に乗って能泉まで辿り、そこから歩いて仙娥滝まで散策するのが一般コースです。

2015_1107_102504-P1090632

スタートは長潭橋。今から170年ほど前の江戸時代後期、滝上の長田円右衛門(1795~1856)によって、荒川渓谷沿いの御岳新道が完成したことにより、今まで見ることのできなかった渓谷美や仙娥滝の絶景が世に知られるようになりました。

2015_1107_070651-P1090561

前方に昇仙峡の中心部にそびえる「覚円峰」が見えてきます。岩肌に群生する松、ツツジ、モミジとあいまって、四季折々、幽谷の旅情を誘います。日本一の渓谷美、昇仙峡の主峰・覚円峰は、その昔、平安時代のお坊さん覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。

2015_1107_081222-P1090584

「雲飛ぶや 天駆使が種置ける 覚円峰の岩肩の松」伊藤 左千夫

昇仙橋を渡り岩沿いに歩くと、滝の音が近づいてきます。日本の滝100選に選ばれている「仙娥滝」は地殻の断層によってできた高さ30M、3段に落下する大滝で、しぶきを上げる滝壺は間近です。中国の神話に登場する月に行った女性、ひいては月を意味する言葉が滝の名です。

2015_1107_082736-P1090600

わきがの悩みを解消したい!
そんな人にオススメ
わきがケアによく効くと評判のデオドラントクリーム

長野県側から見る?それとも新潟県側から?県境にかかる妙高「苗名滝」

日本の滝百選に選ばれている「苗名滝」は、新潟県と長野県の県境を流れる関川にかかる落差55Mの滝です。水しぶきをあげて落ち込む様は迫力満点であり、苗名滝は地震滝とも呼ばれていて、滝から落ちる水音が四方に渡って地響きのように聞こえるのが名前の由来です。その後、「なゑ」が古語で地震を意味していることや、周辺の高田平野が稲作の盛んな地であったため、現在の苗名滝という名前に変わったといいます。

駐車場からはつり橋を渡り、砂防ダムの前を通って反対側に出ます。砂防ダムの横には階段があり、螺旋階段のようにぐるぐる回りながら上がっていき、渓流沿いに歩いていきます。

2015_1031_081916-P1090495

新潟県と長野県の県境となる関川にかかっている滝のため、滝の近くにある橋を渡り、二つの県で別々に滝を見てみると目に映る景色が違うという面白味もあります。滝の下から眺められる新潟県側からは、水しぶきをあげて落ち込む迫力のある様子を間近で楽しめます。

2015_1031_084059-P1090500

一方で上から眺められる長野県側からは、水深が深くなっている滝壺を見下ろせる。

2015_1031_083416-P1090498

水と緑が織り成す癒しの渓谷美 三重県「赤目四十八滝」

室生赤目青山国定公園の中心に位置し、名張市を流れる滝川の上流、約4KMに渡って渓谷美を見せる「赤目四十八滝」。四十八と言っても多くの滝があるという意味で、滝の数は21箇所だが 「赤目五瀑」 と呼ばれる名瀑を筆頭に数々の美しい滝が存在する、古来より修験道の修行の地、参拝の地だったパワースポットです。

「赤目」の由来は役の小角が滝に向かって行を修めていると、不動明王が、赤い目の牛に乗って出現したという伝説からです。「森林浴の森百選」「遊歩100選」「平成の名水百選」にも選定されている美しい原生林に包まれた渓流沿いを約3時間かけて往復するのであるが、アップダウンのある全長4Kmの散策路は、変化に富んだ風景の連続である。

涼やかな谷あいの道で「銚子滝」「行者滝」を越え、深い滝壺を持つ「霊蛇滝」を過ぎると、最初の赤目五滝のひとつ「不動滝」に到着する。高さ15M、幅7Mの勢いのある名瀑。不動明王に因んで名づけられたもので、「滝参り」はこの滝に参ることを意味し、明治の中頃まではここから奥には入れなかったそうである。そのため、ここからはすこしづつ変化に富んだ道みなっていく。

2012_0729_093843-P1020474

ここから「乙女滝」「大日滝」「八畳岩」を越えて15分ほどで二つ目の赤目五瀑「千手滝」につく。高さ15M、幅4M。複雑な形の岩を千手のように水が滑り落ちる美しい姿から、千の手を持つ滝と名付けられた滝である。滝、岩、樹木、滝つぼが調和した、絵のような美しさが見ごたえがある。ゆっくり見れる席もある。

2012_0729_095506-P1020476

すぐに3つ目の赤目五瀑「布引滝」に着く。ここまで約1Kmである。高さ30Mから、名の通り一枚の白布を長々とたらしたような優美な姿の滝であるが迫力はないように思える。しかし細く急な滝がうがった滝壺の深さは、実に30Mあり、深い滝壺は、引き込まれそうな美しさである。滝の上部から見ると垂直に流れ落ちるさまには目を奪われる。

2012_0729_100251-P1020477

このあと「縋藤滝」「陰陽滝」を経て「百畳岩」にたどり着く。ここがちょうど中間地点あたりになり、ここから先が、健脚向きのコースになる。「七色岩」「姉妹滝」「柿窪滝」「笄滝」「雨降滝」「骸骨滝」「斜滝」と、いくつもの滝を越えていき、牛ケ淵という深い淵を過ぎて登っていく。このあたりまで来ると渓谷も深く木々も原生林のごとく生い茂り、岩は苔生し大自然を十分に満喫できるのである。そして4ツ目の赤目五瀑「荷担滝」を見ることができるのである。高さ8M、二つに分かれて流れ落ちる姿が、背中に荷物を背負っているようだということから名付けられたものであり、個性的な姿が人気で赤目四十八滝のシンボル的存在である。

2012_0729_110248-P1020482

さらに「夫婦滝」「雛段滝」「琴滝」を越え、最後は入口から870M、時間にして片道80分の5つ目の赤目五瀑「琵琶滝」に到着である。「琵琶滝」は落差15M。滝の形が楽器の琵琶に似ていることから名づけられ、絶壁に囲まれた岩風呂のような滝つぼは深い蒼色をしている。

2012_0729_112417-P1020484

残念ながら帰りは来た道を戻ることしかできないのであるが帰りの景色はまた行きと違ってみえるから不思議である。
マイナスイオンいっぱいの散策道はリフレッシュに最適です。

無添加で頭皮に優しい女性専用育毛剤
マイナチュレ育毛剤の詳しい口コミを知りたい方は下記サイトが参考になります。
マイナチュレ育毛剤の口コミ!レッドビジョン社の育毛剤がすごい

駅からすぐのこんなところに都会のオアシスが!大阪府「箕面大滝」

「日本の滝百選」にも選ばれている「箕面大滝」までの箕面川沿いの滝道は2.7KMで、阪急電車を降りてすぐ、駅前からすぐに渓谷が姿を現し、流れをさかのぼって緩やかな道を歩くこと約1時間。大滝に至る川沿いも見事な紅葉のトンネルが続きます。一帯は「明治の森箕面国定公園」にも指定されていて、こんな地下くで森林浴を楽しめます。

2013_1130_074249-P1040072

明治の森箕面音羽山荘の趣きのある玄関前を通り過ぎ、紅葉と「瑞雲橋」の赤い欄干のとても絵になる場所が見えてくると、そこが箕面山「瀧安寺鳳凰閣」である。宝くじの起源である約400年前の天正年間に始まった「箕面富」発祥のお寺で、本尊の弁財天(滝の神格)は日本最初にして最古であると伝えられ、江ノ島・竹生島・厳島とともに日本四弁財天の一つとして有名です。

2013_1130_075403-P1040079

「修行の古場」、「唐人戻岩」を過ぎいよいよ自然豊かな箕面公園の最奥部にある「箕面大滝」にご面会です。大滝の落差は33Mあり、紅葉に彩られた白銀の滝が目の前に現れた瞬間は感動である。まら岩壁から水が一気に流れ落ちる様子はとてもダイナミックでもある。箕面大滝の流れ落ちる姿が農具の「蓑」に似ていることからこの名で呼ばれるようになり、地名も これに由来していると言われている。

2013_1130_082439-P1040087

子供の虫歯予防歯磨き粉ブリアンが大人気です。
詳しい口コミレビューや最安値情報を知りたい方は下記サイトが参考になります。
ブリアン歯磨き粉のおかげで子供の歯磨き嫌いが解消しました

幸福の滝・恋愛成就の滝と呼ばれる2本滝 兵庫県波賀町「原不動滝」

兵庫県波賀町にある「原不動滝」。「メイプルタウンはが」・・・カエデの町、波賀町は、その名の通り、素晴らしい紅葉を見せてくれます。日本の滝百選「原不動滝」は、男滝と女滝からなり、男滝は落差88mと県下最大の名滝である。女滝は源流を異にして男滝に寄り添うように同じ滝壺に流れていて、そのことから『幸福の滝』『恋愛成就の滝』とも言われているとのこと。駐車場から徒歩で15分、入場料200円払う。かえで橋を渡って、少し急な斜面の階段を上ると現れる眺望場所がある奥かえで橋まで遊歩道が整備されているのがうれしい。

2014_1116_133102-P1050824

不動滝の由来は昔(年代不明)、道範と道槇という僧がいて、あるとき金色の飛龍が美しい渓谷に姿を消しました。僧はその飛龍を神の化身「本尊倶利伽羅不動明王」であると思い、その渓谷の滝に身を打たせ荒行を続けたと伝えられ、そのことから不動滝と呼ばれるようになりました。

原不動滝は3段の流れになっており、総落差は88Mの立派な滝である。1段目は写真では分かりにくいが小さな落差の滝で、2段目が主瀑とも言える優雅さと豪快さを兼ね備えた立派な滝である。岩肌をいく筋にも水が伝って落ちていき、最後は滝壺に水しぶきをあげながら落ちていく。そしてさらに滝壺からあふれだした水が3段目の滝となってさらに下の川へと落ちて行く。

2014_1116_133449-P1050828

原不動滝が夫婦円満の滝・恋愛成就の滝とも呼ばれる所以はこの3段目にあるのである。滝壺から流れる滝の横に寄り添うように左からもう一本滝がかかっているのであるが、これはまったく別の川の流れなのである。右側が男滝、左側は女滝とそれぞれ名前がつけられ、別々の道を歩んできた男女が一つの川となって流れていくのがまさに縁結びの滝なのである。

2014_1116_134056-P1050830

橋の上で、優美な滝の流れをゆっくり眺めて時の流れを感じてみるのがいい。

弘法大師が聖地とあがめた渓谷の錦秋美を 兵庫県大屋町「天滝」

兵庫県大屋町「天滝」の駐車場から歩くこと1.2KM。「幼少の子をおぶってのぼり、滝にお参りすると、その子はいつまでも健康でいられる」という伝説が残っている名曝「天滝」。「日本の滝百選」に選ばれている落差98Mの天滝のその美しさはまるで天から降り注ぐ聖水のように清らかです。1996年度のNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」のオープニングに登場した滝である。この天滝は古く「大和長谷寺縁起」や「役の行者本記」にも書かれ、また、昔。弘法大師・空海が滝の荘厳な様子に感動て聖地とあがめたほどで、弘法大師が仏運興隆の地を求めて全国行脚した際、滝の霊気に打たれて「この地こそ仏陀の我に恵み給いし聖地」と谷の数をかぞえたところ千に一つ足らなかったため、居を高野山に求めた・・・・との伝説が残っているとのこと。

2014_1116_120608-P1050812

「森林浴の森100選」にも指定されている天滝渓谷1.2KMの森林浴を楽しむ。車を降りて、沢から届く水音を聞きながら登山道を登る。登り始めてすぐ、「しのびの滝」という岩肌を流れる美しい滝に出合い、20分も登ると渓谷美を堪能できる「ミリオン渓谷」に着く。さらに15分「鼓ヶ滝」という大きな滝が目に飛び込んできた。

2014_1116_123859-P1050823

さらに5分後、轟音の中に立っていた。目の前の「天滝」は、切り立った岩のてっぺんから水が勢いよく噴き出しまるで天かた降り注ぐように、風が飛沫を舞い上がらせている。登り詰めて汗ばんだ体を飛沫まじりの涼風が優しく包み、暑さをい一瞬にして忘れることができる。じわじわとすがすがしさが込み上げてくる。紅葉に彩られた滝と渓谷の美しさを満喫したのである。

2014_1116_122226-P1050816
糸滝・夫婦滝や鼓ヶ滝等、大小7つの滝を見て、最後に目の前に現れる天滝は感動ものであった。

清々しい若返りの滝のパワーに癒される!岐阜県「養老の滝」

日本の滝100選に選ばれ、しかも日光の華厳の滝、和歌山の那智の滝とともに日本三大滝と呼ばれる「養老の滝」は孝子物語でも有名です。

古今著聞集の中にある「孝子物語」は、孝行者の樵(源丞内)が老父の為に汲んだ滝の水が酒となり、それを飲んだ老父がみるみる若返ったという養老伝説が有名な昔話である。この話が都まで伝わり、、717年には、元正天皇がこの地へ行幸され、お気にめされた天皇が年号を「養老」に改元されたという史実が残っているとのことです。 その滝へは駐車場からゆっくり歩いて約30分。滝谷と呼ばれる川に沿った滝までの遊歩道を歩く。途中には名物のひょうたんや養老サイダーを売るレトロな土産店が立ち並び、なだらかな登り坂を飽きることなく歩が進む。

2012_0624_120649-P1020445

土産店が途切れるあたりに、養老山地から湧き出るミネラルを多く含んだ名水「菊水泉」に出会う。環境庁名水百選にも選ばれており、水を手に取り口に含むとクセのないやや硬めの清清しい味がする。

2012_0624_115729-P1020444

菊水泉から滝まではちょっと急な登りで10分程度。名瀑といわれる多くの滝が遠望を余儀なくされる地形にあるものだが、この滝は滝壷まで容易に近づけ滝から発生するマイナスイオンを体いっぱいに浴びることができる。高さ30Mの高さから清冽な滝の本流とマイナスイオンミストともいえる冷たい飛沫がシャワーのように降り注いでくる。

2012_0624_121425-P1020450

滝の下に立ち両手を広げて深呼吸すれば、滝のパワーが体の隅々まで行く渡る様で「若返りの滝」とはこのマイナスイオン効果だったのかと納得がいくのである。

16-05-29-10-45-10-659_photo

晴れていても滝壺近くは台風状態 岐阜県白鳥「阿弥陀ヶ滝」

国道156号を道の駅「白鳥」から県道314号に入り「見たか聞いたかあみだが滝を、滝の高さとあの音を」と、 郡上踊りの歌でも知られるのが「阿弥陀ヶ滝」です。霊峰白山を源とする長良川最上流に流れ落ち、白山 開祖泰澄大師により発見されたというこの滝は、当初その名を長滝と名付けられ長滝白山神社の由緒とも 言われています。

2016_0529_103742-P1100906

駐車場から滝つぼまでは、石畳の散策道が整備され、10分程歩く程度で、あっというまに到着します。 鬱蒼とした木々の間から真直ぐに流れ落ちる「阿弥陀ヶ滝」は落差約60Mもあり、「日本の滝100選」、「岐阜県の名水50選」にも選ばれているまさに東海の名瀑です。滝壺から少し離れた場所でも舞い上がる 水しぶきが、木陰とともに清涼感あふれる別天地を創っています。「阿弥陀ヶ滝」という名前の由来は、 白山中宮長滝寺の僧、道雅法師が滝の北側の洞窟で修行していたところ、目の前に阿弥陀如来の姿が浮かび あがった事からその名がついたといわれています。その後は滝修行の名所としても知られていたとのことで、 ごうごうと音を立てて流れ落ちるその姿は圧巻です。

_20160601_214412