四段に流れ落ちる日本三名瀑のひとつ。茨城・奥久慈「袋田の滝」

奥久慈県立自然公園に指定されている名勝、久慈川の支流・滝川の上流にある落差120m、幅73mの「袋田の滝」は、日光の華厳の滝、南紀の那智の滝と並ぶ日本三名瀑のひとつです。四段に流れ落ちる様や西行法師がこの地を訪れた際「四季折々に訪れないと本当のよさがわからない」絶賛したことから「四度の滝」とも呼ばれています。

第一観瀑台へは昭和54年12月に完成した長さ276m幅員4m高さ3mのトンネルを歩いて抜けていきます。途中大子町の鳥でもあるオシドリをモチーフにした「恋人の聖地」モニュメントが設置されています。

近づくにつれて滝の轟音が響きやがて岩壁に幾条もの白い筋を描いて流れ落ちる壮大な景観が目の前に広がります。滝坪の真正面にあたり、流れをもっとも近くで見られるヒーリングスポットです。

さらにエレベーターに乗ると第2観瀑台。第2.第3デッキからは上から見下ろすようにして全体像がたのしめます。水量の変化によりさまざまなハートが表れます。

帰りはトンネルの200m地点から外に出る吊り橋の上から少し離れてみる袋田の滝もまた絶景です。そのまま対岸に渡り駐車場に戻りました。