奥日光のパワースポットである名瀑三滝は信仰の滝!

湯ノ湖から流れ出た湯川が、中禅寺湖に注ぐ手前にあり、男体山の噴火でできた階段状の溶岩を流れ落ちる全長約210m、落差60mの滝が「竜頭ノ滝」です。勝道上人の遺骨はこの滝の近くに分骨されたといわれています。

名前の由来は、滝壺近くで水が大きな岩を挟んで2つに分かれるさまが竜の頭に似ていることからや、岩を縫って流れる様子が天に登る竜を思わせるこちなどからです。

滝壺の目の前に「龍頭之茶屋」があり、滝壺へ落ちる水の流れを見ながらひと息つけます。この少し上に駐車場があり、遊歩道に沿って岩肌を滑り落ちる湯川の流れを間近に見られます。

湯滝」は湯ノ湖の南端にあり、滝壺の観瀑台から高さ110mから落ちる水の流れは滝が降りかかってくるような間近に見られ、溶岩流の岩壁を末広がりに流れ落ちるさまは迫力満点です。滝沿いの階段を上がると滝の落ち口を見ることができます。

日本三大名瀑(那智・袋田)のひとつ「華厳の滝」。中禅寺湖から流れ出た毎秒約3tもの湖水が、高さ97mから轟音とともに屹立する大岩壁から一気に落下する様が圧巻。勝道上人が発見したと伝わる滝は、中腹から細い十二滝が流れ落ちます。

明智平から正方を見渡せば、中禅寺湖から華厳滝が流れ落ちていることがよくわかります。