幸福の滝・恋愛成就の滝と呼ばれる2本滝 兵庫県波賀町「原不動滝」

兵庫県波賀町にある「原不動滝」。「メイプルタウンはが」・・・カエデの町、波賀町は、その名の通り、素晴らしい紅葉を見せてくれます。日本の滝百選「原不動滝」は、男滝と女滝からなり、男滝は落差88mと県下最大の名滝である。女滝は源流を異にして男滝に寄り添うように同じ滝壺に流れていて、そのことから『幸福の滝』『恋愛成就の滝』とも言われているとのこと。駐車場から徒歩で15分、入場料200円払う。かえで橋を渡って、少し急な斜面の階段を上ると現れる眺望場所がある奥かえで橋まで遊歩道が整備されているのがうれしい。

2014_1116_133102-P1050824

不動滝の由来は昔(年代不明)、道範と道槇という僧がいて、あるとき金色の飛龍が美しい渓谷に姿を消しました。僧はその飛龍を神の化身「本尊倶利伽羅不動明王」であると思い、その渓谷の滝に身を打たせ荒行を続けたと伝えられ、そのことから不動滝と呼ばれるようになりました。

原不動滝は3段の流れになっており、総落差は88Mの立派な滝である。1段目は写真では分かりにくいが小さな落差の滝で、2段目が主瀑とも言える優雅さと豪快さを兼ね備えた立派な滝である。岩肌をいく筋にも水が伝って落ちていき、最後は滝壺に水しぶきをあげながら落ちていく。そしてさらに滝壺からあふれだした水が3段目の滝となってさらに下の川へと落ちて行く。

2014_1116_133449-P1050828

原不動滝が夫婦円満の滝・恋愛成就の滝とも呼ばれる所以はこの3段目にあるのである。滝壺から流れる滝の横に寄り添うように左からもう一本滝がかかっているのであるが、これはまったく別の川の流れなのである。右側が男滝、左側は女滝とそれぞれ名前がつけられ、別々の道を歩んできた男女が一つの川となって流れていくのがまさに縁結びの滝なのである。

2014_1116_134056-P1050830

橋の上で、優美な滝の流れをゆっくり眺めて時の流れを感じてみるのがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です