御嶽昇仙峡のシンボル覚円峰の麓にある月の滝「仙娥滝」

渓谷美を讃えられ日本の名勝として名高い「御岳昇仙峡」は、長トロ橋に架かる天神森から仙娥滝までの4キロ。渓谷探勝には、名物の「トテ馬車」に乗って能泉まで辿り、そこから歩いて仙娥滝まで散策するのが一般コースです。

2015_1107_102504-P1090632

スタートは長潭橋。今から170年ほど前の江戸時代後期、滝上の長田円右衛門(1795~1856)によって、荒川渓谷沿いの御岳新道が完成したことにより、今まで見ることのできなかった渓谷美や仙娥滝の絶景が世に知られるようになりました。

2015_1107_070651-P1090561

前方に昇仙峡の中心部にそびえる「覚円峰」が見えてきます。岩肌に群生する松、ツツジ、モミジとあいまって、四季折々、幽谷の旅情を誘います。日本一の渓谷美、昇仙峡の主峰・覚円峰は、その昔、平安時代のお坊さん覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。

2015_1107_081222-P1090584

「雲飛ぶや 天駆使が種置ける 覚円峰の岩肩の松」伊藤 左千夫

昇仙橋を渡り岩沿いに歩くと、滝の音が近づいてきます。日本の滝100選に選ばれている「仙娥滝」は地殻の断層によってできた高さ30M、3段に落下する大滝で、しぶきを上げる滝壺は間近です。中国の神話に登場する月に行った女性、ひいては月を意味する言葉が滝の名です。

2015_1107_082736-P1090600

わきがの悩みを解消したい!
そんな人にオススメ
わきがケアによく効くと評判のデオドラントクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です