水と緑が織り成す癒しの渓谷美 三重県「赤目四十八滝」

室生赤目青山国定公園の中心に位置し、名張市を流れる滝川の上流、約4KMに渡って渓谷美を見せる「赤目四十八滝」。四十八と言っても多くの滝があるという意味で、滝の数は21箇所だが 「赤目五瀑」 と呼ばれる名瀑を筆頭に数々の美しい滝が存在する、古来より修験道の修行の地、参拝の地だったパワースポットです。

「赤目」の由来は役の小角が滝に向かって行を修めていると、不動明王が、赤い目の牛に乗って出現したという伝説からです。「森林浴の森百選」「遊歩100選」「平成の名水百選」にも選定されている美しい原生林に包まれた渓流沿いを約3時間かけて往復するのであるが、アップダウンのある全長4Kmの散策路は、変化に富んだ風景の連続である。

涼やかな谷あいの道で「銚子滝」「行者滝」を越え、深い滝壺を持つ「霊蛇滝」を過ぎると、最初の赤目五滝のひとつ「不動滝」に到着する。高さ15M、幅7Mの勢いのある名瀑。不動明王に因んで名づけられたもので、「滝参り」はこの滝に参ることを意味し、明治の中頃まではここから奥には入れなかったそうである。そのため、ここからはすこしづつ変化に富んだ道みなっていく。

2012_0729_093843-P1020474

ここから「乙女滝」「大日滝」「八畳岩」を越えて15分ほどで二つ目の赤目五瀑「千手滝」につく。高さ15M、幅4M。複雑な形の岩を千手のように水が滑り落ちる美しい姿から、千の手を持つ滝と名付けられた滝である。滝、岩、樹木、滝つぼが調和した、絵のような美しさが見ごたえがある。ゆっくり見れる席もある。

2012_0729_095506-P1020476

すぐに3つ目の赤目五瀑「布引滝」に着く。ここまで約1Kmである。高さ30Mから、名の通り一枚の白布を長々とたらしたような優美な姿の滝であるが迫力はないように思える。しかし細く急な滝がうがった滝壺の深さは、実に30Mあり、深い滝壺は、引き込まれそうな美しさである。滝の上部から見ると垂直に流れ落ちるさまには目を奪われる。

2012_0729_100251-P1020477

このあと「縋藤滝」「陰陽滝」を経て「百畳岩」にたどり着く。ここがちょうど中間地点あたりになり、ここから先が、健脚向きのコースになる。「七色岩」「姉妹滝」「柿窪滝」「笄滝」「雨降滝」「骸骨滝」「斜滝」と、いくつもの滝を越えていき、牛ケ淵という深い淵を過ぎて登っていく。このあたりまで来ると渓谷も深く木々も原生林のごとく生い茂り、岩は苔生し大自然を十分に満喫できるのである。そして4ツ目の赤目五瀑「荷担滝」を見ることができるのである。高さ8M、二つに分かれて流れ落ちる姿が、背中に荷物を背負っているようだということから名付けられたものであり、個性的な姿が人気で赤目四十八滝のシンボル的存在である。

2012_0729_110248-P1020482

さらに「夫婦滝」「雛段滝」「琴滝」を越え、最後は入口から870M、時間にして片道80分の5つ目の赤目五瀑「琵琶滝」に到着である。「琵琶滝」は落差15M。滝の形が楽器の琵琶に似ていることから名づけられ、絶壁に囲まれた岩風呂のような滝つぼは深い蒼色をしている。

2012_0729_112417-P1020484

残念ながら帰りは来た道を戻ることしかできないのであるが帰りの景色はまた行きと違ってみえるから不思議である。
マイナスイオンいっぱいの散策道はリフレッシュに最適です。

無添加で頭皮に優しい女性専用育毛剤
マイナチュレ育毛剤の詳しい口コミを知りたい方は下記サイトが参考になります。
マイナチュレ育毛剤の口コミ!レッドビジョン社の育毛剤がすごい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です