二十三夜に月を待つ!伝説の残る幻想的な裏見の滝。茨城・奥久慈「月待ちの滝」

古くから二十三夜講(安産を祈願して二十三夜の月の出を待って婦女子が集う)の場所であったことから月待の滝と呼ばれます。

久慈川の支流大生瀬川が作り出す落差17m、幅12mの三筋に流れ落ちる滝で、普段は二筋に夫婦滝、水が増すと中断の受け皿から子滝が現れ親子滝になります。ただ見つめているだけで全身がリフレッシュできそうな雰囲気が充満し、滝の音を聞きながらリラックスしているだけで浄化が進むような気がします。

この滝は別名「裏見の滝」「くぐり滝」とも言われ、全国的にも珍しく水にぬれることなく滝裏に入れます。この滝のマイナスイオン量は袋田の滝の1.5倍あり、清らかな水のオーラが満ちています。実際もみじ苑から石段を7段降りれば滝の裏に濡れずに入れますし、水しぶきも感じれます。